株式会社クークーアンドコーは2012年12月17日、同社が開発する動画配信プラットフォーム「MOTIONS」にて提供される再生用貼り付けタグをレスポンシブ化し、提供を開始しました。

スマートフォン・タブレットの普及に伴い、様々な解像度の端末が提供されております。
従来の貼付けタグの場合、動画の画角が端末の画角を超えてしまう場合、WEB表示部分から動画がはみ出て表示されていたのをレスポンシブかすることでページ幅に併せて、動画の表示を自動調整されるようになりました。

レスポンシブ化された動画配付けタグはMOTIONSのすべての契約ユーザーにて提供されます。